FC2ブログ
RSS

全てをありのままに

今回は 笹原千代美講師の十勝の夏の体験談をお伝えします。

写真も頂きましたので併せて掲載致します。

-----------------------

2013  十勝の夏

ここ十勝では麦秋の頃となりました。
麦秋とは麦の収穫の季節をさします。
が、秋とは書いても夏真っ盛りです。

北海道は小麦の生産量日本一です。
今畑ではアメリカ・カナダの穀倉
地帯を思わせるような大型コンバイン
が大きなうなり声を立てて24時間
フル操業で畑で動いています。

今年の十勝は7月20日過ぎから一週間
以上も続く小雨の天候で麦の品質は下がり
ひどい所では穂発芽といって麦が畑で立ったまま芽の出る状態になりました。

また雨続きで穂の水分が飽和状態となり、倒伏し、
小麦畑は一面畳の様になっている所が多く見られます。

我が家では13haの小麦を耕作していますが、全体で3ha程倒伏しているようです。
30数年農業を営んでいますが、収穫前より天候が悪く作業がこれほど遅れるのは初めてではないかと思います。

しだがって、今年の十勝全体の小麦の品質が危ぶまれます。
ですから我が家の小麦はどの位の製品歩留まりになるのか
出荷してみないと分からないところです。

私たち農民は自然との戦いです。
大自然は私たちに沢山の恵みを与えてくれますが、
今年のように厳しい試練も与えてくれます。
そんな時いつもの私なら不安な気持ちでソワソワしているのですが、自然運筆法を受講して数年
ふと気づいてみると厳しい中でも心は意外と平安を保っているのです。

以前の私ならこんな時不安で不安で先行きの心配が絶えなかったと
思うのですが、環境の変化にも心はさほど動揺しなくなっています。

これはきっと自然運筆法の講義の中で野原先生が
「自然運筆法はどんなものにも調和します」とおっしゃったことではないかと感じています。

人が生きていく時、色々な事を学び、色々な事柄にぶつかります。
その事全てをありのままに受け入れ、心を平常心に保ち暮らせる 
まさに「調和する力」ではないかと思い 改めて自然運筆法の力に驚歎しています。

 笹原千代美


P1060196.jpg

P1060198_convert_20130808084459.jpg

P1060200_convert_20130808084633.jpg


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

jinenunpituhou

Author:jinenunpituhou
自然運筆法(じねんうんぴつほう)の公式ブログです。
自然運筆法からのお知らせや自然運筆法作家紹介、自然運筆法の手法による作品紹介、体験談などをお伝えいたします。

公式サイトは下記になります。↓

自然運筆法サイト

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

管理用